虹の橋の子への手紙

2019年

場所:新居浜市市役所 玄関ロビー

期間:8月5日~8月9日午後3時まで

『 命の光と陰と・・・ 』( 今、私たちが守るべきものは・・・ )

今回は動物愛護と原水爆のコラボです。

今、人類は

「核戦争勃発の危機」と「脅威の自然災害」

とにさらされています。

どちらも瞬間で命を奪ってしまいます。

< 今、動物達に起こっていることは人間社会の縮図です。 >

と 言い続けて来ましたが

どうも そうも言ってられないところまで来ているようです。

「光」と「陰」の世界を見比べて

お一人お一人が考えてくださればと思います。

<毎年8月7日は 全国一斉慰霊祭>

主催者は 全ての人であり

家族、友人、地域、団体などで 

虹の橋に行った子を思い

「命の尊厳」を 皆と考えてほしいと思います。

開催方法に 決まりは無いです。

思いがあれば 自然と頭に浮かんでくるはずです。

皆が「命の尊厳」を共有することが

「殺処分ゼロ」への 一番の近道だと信じています。


愛媛リードの会としては

皆様からのお手紙や写真の展示をして

この活動を多くの人に知ってもらい

毎年の大切な行事にしたいと 思っています。

そこで皆様に 協力をお願いします。

虹の橋の子への手紙や写真を 募集します。

イラストは プロのイラストレーターの

瓜生哲也氏が 提供してくださいました。

ありがとうございます。

チラシ製作は マルコがしてくださいました。

ありがとうございます。

皆様の心が

暖かく、優しく、穏やかに暮らせる社会を

目指すために 是非、ご協力をお願いいたします。

※コピーしてポスター、チラシなどお使い下さい。